商標の検索方法をご紹介

2019年5月に特許庁サイト「J-PlatPat」が大幅に変わりました。
この「J-PlatPat」を利用した商標の検索方法をご紹介します。 有料・無料の商標の検索サービスがいくつか存在しますが、データの信頼性は、なんといってもここがNo1でしょう。


次のリンクをクリックし、特許庁のサイトにアクセスします。

J-PlatPat(https://www.j-platpat.inpit.go.jp/)


J-PlatPatのナビゲーションバー「商標」をマウスオーバーすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
ここで、「商標検索」をクリックします。

screen

検索項目をクリックして「称呼(類似検索)」にセットします。
キーワードの欄に検索したい商標の称呼(呼び名)を全角カタカナで入力します。
下の図は、キーワードの欄に「ショーヘー」と入力した例です。
入力が完了しましたら、下段の「検索」をクリックします。

screen

すると、下の図のように、検索結果が表示されます。
出願番号等をクリックすると、さらに詳細な画面を表示させることが可能です。

screen

ここでの検索結果は、すべての指定商品・役務(サービス)を含みます。
商品・役務が非類似であれば、商標は、非類似として取り扱われます。そのため、商標を検索する際、商品・役務で絞り込みたいときがあります。
商品・役務の絞り込みには、「類似群コード」の入力が有効です(入力画面の黄色矢印)。

この検索内容は、デスクトップにアイコンを作成し、アイコンをクリックすることによって実行させることも可能です。
ご興味ある方は、VBSを活用した、より簡単な商標検索もご覧ください。


類似群コードとは?
VBSを活用した、より簡単な商標検索


HOME